最後に、今年のコンサート「Are You Happy?」を観ての感想やらなにやら。






嵐のコンサートはやっぱり楽しい!


Happyな日もそうでない日も毎日いろんな時間を過ごしているけど、3時間ずっと笑って嫌なこと忘れて大騒ぎする時間っていうのはそうそうないよな~と。


今年もそんな時間を持たせてもらえて、本当にありがたい話です。










★★★★★★★★★★★★

以降次のまで微量のネタバレ含みます

★★★★★★★★★★★★












コンサートそのもの、ショー全体の感想を簡単に表すのは今回難しいな~…。


書き方を失敗したら誤解されそうで(笑)




感想としてはいくつかありまして。



①締め(焦点)がない


②良い意味でメンバーが各自やりたい事をやっている


③全体の中の個ではなく、個を集めて全体を作った印象






率直に言って特徴が弱かったというか…


例えば「あゆはぴコンの見所ってどのあたり?」と人に尋ねられたとして、それがパッと思いつかないというのは正直なところ。


嵐5人でガツンと魅せるポイントが少なくて、ワイワイ騒げ~な雰囲気を前面に押し出しているな、と。




物足りなさとも似ているこの感じは、去年のJaponismが印象強かったせいとかは関係なくて。


例えばDigitalianなら筋電の仕掛けとか、ディスコスター様とか。


BLASTシリーズは嵐の自己紹介的内容だとか。


LOVEは全員参加型の新しい試みとか、PARADOXの新境地とか。


Popcornならコミカルなポップコーンマンとか。


そういうアイコン的な部分がなかったな~というのが最たる理由かな。




最初にアルバムを聴いた時の印象は「これを使ってひとつのショーをまとめるの本気で大変そう」と思っていたんですが…


早い段階にリード曲を持ってきて後半がシングルメドレーになったあたり、苦労と工夫の跡を友人Mと2人で勝手に感じ取っていました。




逆に言えば、それが今回らしさと言えるのかも?


全体のテーマをひとつ決めてその中で様々な試みをする方法ではなくて、まずメンバー個々のやりたいようにやってそれをふんわり全体としてまとめたような感じを受けたので、②や③のような言葉になりました。






各自のソロについて個人的な感想。



(*'◇') 相葉ちゃん


相葉ソロ=キャラが立ってる みたいな空気が過去2回は強烈だったから、演出のテイストをガラッと変えてきたのはナイス!

あそこまでシンプルな衣装にするなら、楽園くらいストレートなポップでも良かったかも。



ノノ`∀´ル 潤くん


スクリーンに映った顔触れを見て、というか蜷川さんの顔を見た時に、今回こういう曲を歌った原動力がストンと落ちてきた。

蜷川さんその他先立っていった多くの先輩たちや身近な人たちへの想いをシンプルに歌ったんだな~と。



(. ゚ー゚) ニノ


端々の仕草や表情、歌い方、全てにおいてニノ担さんにはたまらんだろうな~というのがひとつ。

もったいない!!というのがひとつ。

音を使ってガシガシ踊ってくれてめっちゃ格好いい!…んだけど、歌詞の世界観が演出のどこにもなかった気がして率直にもったいないな~と思った。



(*´・∀・`) 大ちゃん


大野智炸裂。この観客が置いていかれるシュールな世界観こそが彼の真骨頂だと思う(笑)

昨年の暁と全く違うテイストになっていたのもイイ。

最初にサングラス飛ばした直後、青いライトが目に反射して瞳孔が青く染まって見えたのがめっちゃツボ。



(`・3・´) 翔さん


サザエさんへのオマージュですか?

(スクリーンの家と、花道でJr.を手招きしてる様がサザエさんのエンディングにしか…黙)


冗談はさておき、翔さんの好きな曲調だし振付だな~という印象。

演っている本人が誰よりも楽しそう。

個人的には帝王感満載なソロが好きだけど、みんなでできる決めポーズと会場全体が一体になる雰囲気の曲も翔さんならではだと思う。






ペンライトの演出はさらに進化してましたね!


文字や風景を表現できるようになって、淡いパステルの色も増えて、会場全体がひとつの風景になる様は圧巻。


少々お高いからお小遣いで買う人には苦しいかも?と思うんですが、できればこの仕掛けは続けていって欲しいな。












★★★★★★★★★★★★

ネタバレここまで

★★★★★★★★★★★★














ついでにファンサの話。




今回も有難いことに嵐メンバーからファンサを頂きました。


ファンサの定義というか、どのへんの行為からそう言っていいのかいまいちよく分かってないんですが…


お手振り系もファンサとしちゃっていいの?かな?

( 'ω' 三 'ω' )


ほんとに分からん…






最初に嵐5人がバックステージに来た時、ニノが友人Mを見てピース。




次に表れた翔くんが、私たちをジーッと見たあとニコッと笑って頷きながらロイヤルお手振り。


直後の歌いだしがイケメてました。




バックステージから階段でアリーナに降りようとしていた智さんが、手を振りながら私たちの方を見て、階段途中で足を止めて友人Mを指差し、ピース。


そのあと、あまりの近さに友人Mに身を寄せて自分の体を抱くようにしてガクブルしていた私の顔を見て。


ピッと私を指さして、両手で自分の肘の上あたりを抱きしめて、キュッとハグ。


ちょっぴり肩も竦める感じで。


その時の自分の体勢も相まって一瞬で脳内変換し、スコーンと腰砕け(・∀・)


友人Mによると、撃沈した私を見た智さんは笑いながらフロートへ一目散に駆けていったそうです。




動線の関係で相葉ちゃんもよく近くに来てくれて、通るたびにこっちを見て満天のスマイルで手を振ってくれました。


一度ピースしようとしてくれたけど、グリップだけの速めトロッコに歌いながら乗っていたせいか、ちょっと不思議な形のピース(笑)




その後また智さんがバックステージに来た時は、ステージがトロッコの高さに降りてくる時からずっと目の前に居てこっちを見てくれていて。


友人Mを見て、今度は両手でピース。


そのあと歌い始めながら私の方を見て、へらりと笑い。

(また会ったね的な)


私の持っているうちわを見て、また笑い。

(おそらくその時点で私が智担だと把握した模様)


再度私の顔をジーッと見て笑ったまま、なんともスローリーなフリスタポーズを決めてくれました。



これまでポプコンとハワイ、同じデザインのうちわでフリスタポーズしてくれたけど、今回なぜあんなにゆっくりだったのか謎。


ポーズを決めた後、彼は笑ってステージの中央へ去って行かれました。







ニノの件は先の記事で書いたとおりだったんですが、たまたま先にニノからピースもらえていたから本当にラッキーだった、と友人Mは話していました。




結果的に友人MもHappyな気持ちになれて、私もHappyをたくさん貰えて、それが何より嬉しいし幸せ。


何より、今年も2人で京セラ公演に参加できたことに感謝。




そしていつも私と楽しい時間を過ごしてくれる友だちや周りの方々にも、感謝です。






いつもありがとう。











.