って、いつのネタだよって話なんですが



先日、ダンス練習会「Dの嵐!」を開催しました。






前半に写真を撮り忘れて申し訳ない


10名ほどの参加者がいらっしゃいました。






前半はBelieveのサビとイントロアウトロ。


後半はBelieveのワンハーフサイズ(TVサイズ)を、フォーメーションまで完成させることをめざして踊りました。







サビは皆さんいいペースでこなします。


開始1時間も経たないうちに動けるようになって、その勢いに乗ってイントロへ。




ぐるぐるぐるぐる。


ひたすら回る。




そして最後のアウトロで、みんなの顔から笑顔が消えた。






ふふ(笑)


ちょっと大げさに書きました(笑)




でも、それまで るんるん♪な雰囲気だったのが、急にシーンとしたのは事実(笑)


この振り付けで一番細かいのって実はアウトロなんですよね。


そこまでテクニックに走った難しいことをやっているわけじゃないんだけど、体の一部分ずつを動かすポイントも多いし、初めて踊る人にはちょっと難易度高かったかもです。






それでも、何度も踊るうちに少しずつ動いて、音と一緒に体を動かしているのが気持ち良さそうでした♪







休憩時間を挟んで、後半。



前半が「それらしく楽しく踊りたい」という方に焦点を当てた時間なら、後半は「もっと極めてフォーメーションまでやりたい」という方に焦点を当てた時間です。










今回人数がギリギリだったので、途中で私も入らせてもらえました♪


楽しい~!!!(笑)




記録で動画を撮る時にも入らせてもらったんですが、私、なんだかんだ言ってこの曲をフォーメーションで踊ったことないんですよ!


初めて!!


初めてフォーメーションで踊れました~!!!




嬉しい(;ω;)






写真を見てお気づきの方が多数だと思われますが、ええ、安定の翔さんポジションです(・∀・)



ラップの時は4人が舞台から居なくなる(正面=カメラ側にハケている)から、ちゃんとラップをするならわりと鋼のメンタル必要ですね。





こういう状態。




次回参加の翔さんポジションの方々、心してください、結構キますよ(笑)









後半、フォーメーションをやるに当たって、各自で踊るときにはなかったリスクが発生します。


それは、衝突によるケガです。




その場で踊っているだけなら、例えば自分で足を捻る等はあるかもしれませんが、大きな事故になることはまれです。


しかし、フォーメーションをやることによって移動中に衝突しようものなら、自分だけでなく相手の人にケガをさせてしまうリスクが生まれるわけです。




だからフォーメーションをやる時には、振り付けそのものは曖昧でもいいから、位置移動だけは確実に覚えてもらいたいなと思っています。


今後見ていて危険だと判断した場合は、しばしの間フォーメーションから抜けて、移動を覚えてもらうようお願いするかもしれません。


どうぞご了承くださいね。


フォーメーションまでやりたいというニーズには応えたいのですが、楽しく踊るために来ている場でのケガだけは絶対に避けたいので。










次回は1127日です。


お越しになるみなさま、スタジオにエレベーターがなかったので4階まで階段で上る覚悟をよろしくお願いします






.