終演後に4人であいさつをして、関西弁のゆいちひコンビが出会いからの歴史話をあれやこれやと話し続け(笑)

10分くらいは話していたと思うんだけども、皆さん暖かく聴いてくださって。


BlogPaint

BlogPaint



 「幸せです」なんていう、結婚会見かよ!な発言をうっかりしてしまいましたが(笑)

それくらい有難く幸せな時間でした。


BlogPaint




あいさつの最後、
4人並んだ写真を撮りたいと言ってくれた友だちのおかげで
約2年ぶりに4人の写真が残りました。


ありがとう。


BlogPaint

こういう何気ない瞬間も好き。

コソコソッと話してる時間、好きだったなぁ。






そして衣装展示。

373ba663c31c59f8e14007a1e3923ac4b7982bd

1f8ce2b9bd94624a7f6a8e4487907647786172f



これね…ひとつ謝らないといかんのです。

ゆいさんの作った衣装、全部持ってきたんです。

全部持ってきたのに…



当日使った衣装以外、展示しそびれたんです。



あ~もう…ほんとに申し訳ない。


LEDテープ装填済みのMagical songとか

BWのRock Thisをモチーフにした衣装とか

ワイハのPVに合わせて作った衣装とか

サーカスで使用したマントとか

Gimmick Gameとか

PopcornのOPをモチーフにした衣装とか



あれもこれもあったのに~!!!



まぁ…当日の衣装だけで壁が埋まってたから、実際どこまでかけられたかは不明なんだけども…。


P1090644

P1090645



衣装のことは別の記事でまとめようと思いまする。







最後は出口のところでお一人ずつお見送り。

開催時間中はほとんどフロアに出られない私だけども、お一人ずつにお礼も言いたいしお話しもしたい!

それを実現させるにはどうすればいいか…とモクモク考え…


考え…


……思いつかず。(おい)



友だちに披露宴のプチギフトみたいにすれば?とアイデアを貰い、それだっ!と実行に移したのです。




列に並んでくださった方々、後方の人はかなりお待たせしてしまったのが申し訳なかったです。

でもおかげさまで、たくさんの方と直接お話しできて、本当に本当に嬉しかった!!





そういえば!!

この時、第1回ARASHI NIGHT in Nagoyaでゆいさんと私がお見送りしてる時の写真を見せてくださった方がいらっしゃったんですよ!!

あの時の写真は、自分たちでは撮れてないし、お客さんにも知り合いいなかったし、ほとんど残ってない。

まさかそれを「ほら、これ」って見せてもらえると思わなかったから、も~ビックリしたのなんのって!!!


 「それください!!!」と言ったのはいいが、スマホも何も持ってなかった私…。

 「後で送ります」と言ってくださったんだけれども、その方のお名前をちゃんと把握せずで…。



もしこれをご覧になっていたら、ぜひともコメントもしくはご一報を~!!!

お渡ししたカードがまだ残っていましたら、メールでもOKです!!!(必死)






話が逸れまくりましたが。


前日の夜、荷物を部屋に運び入れに来たまーてぃんとしばちに途中まで手伝ってもらいつつ、ひとつひとつ包装したプチギフトがこれ。

43

00



第7回まではAAAメンバーの名刺を受付に置いておりまして。

裏面のスペースに毎回直筆でお礼メッセージを書いていたんですが、オリジナルアルバムのタイトルと開催数をリンクさせたメッセージにしてました。

 一枚も手元に残っていないので、ほとんど覚えてないんですが…^^;




前回(第7回)の札幌はTime。

第8回の今回は Dream 'A' live。


自分でこっそり始めた裏テーマ。

最初の「ARASHI No.1」が一番難しかった(笑)


休止前のテーマが「Dream 'A' live」っていうのも、なんか…いいね。






そういえば、今回は舞台横の通路を楽屋として使わせてもらったけど、あくまで通路だから狭い。


BlogPaint

下見の時、まーてぃんに立ってもらって撮った資料写真。

幅は人ひとりで精一杯。



この単管のハンガーに衣装を全てかけたら、ものすごい圧迫感(笑)

写真で黒の上着が掛かっているあたりにノートPCを置いて、そこで映像の操作。

鏡の前付近の床にレジャーシートを敷いて、その上で着替える。



舞台側もフロア側も暗幕を締め切るから暑さが心配だったけど、家から小型扇風機を持ち込んで風を送っていたので、思ったより快適に過ごせたかな。






終演後に話を戻して。



全員お見送りしたあと、急いで着替えてお片付け。

その時、店長さんの友人らしき方がいらして、「今日(イベント)何やってたの?」って話になったのです。


これまでそういう会話になった際は

「嵐のファンの子たちのイベントだよ」
「へえ、そうなんだ」

こんな感じで軽く終わることが多かったのに、このときは違った。

 

店長
「嵐のファンのイベント。」

友人
「へえ、嵐。」

店長
「すごかったよ。俺写真撮っちゃった。ほら。」

スタッフさんたち
「あ、俺も撮りましたよ」
「俺も」



店長さんスマホを取り出す。

私は(写真!?)と内心驚愕しながらお耳ダンボ。

写真撮ってた会場スタッフさんとか今まで聞いたことない。
(言ってこなかっただけかもしれないけど)

 

店長
「ほら、ほら。」←スクロールしてる模様

友人
「おーすごい。誰か踊ってるの?」

店長
「ダンサーの子が(踊ってた)。映像と一緒にやってるんだけど、それがまた動きが合ってんだよ。」

 
 
このあたりで耐えきれなくなった私。
 
店長さんの方を向くとめっちゃ笑顔でこっち見てくれてる。

 

店長
「すごいよね。本当にシンクロするね。」

ちひ
「ありがとうございます!」

店長
「面白いのがさ、嵐5人映ってるじゃない、それで例えば5人がこっちに歩いてくる(映像が流れてる)時にあなたもこっちに歩いてくるでしょ。センターで踊ってるみたいになってるんだよね。」

ちひ
「…!!(言葉にできない)」

  

嵐ファンでもなんでもない、AAA嵐会ってなんぞや?だった方が、ここまで演出を具体的にとらえて、しかも楽しんでくださってる。

言葉にならない感動でした。

ラストの開催をここに決めてよかった。

心の底から思いました。


 

Oh Yeah!のとき、店長さんも音響スタッフもドリンクスタッフ(当日使用したPCの持ち主)も、全員手を振ってくれているのが見えて、一気に心強くなれた。


これまでどうしても大きくなりがちだったレクタイム中のBGMも、会話を妨げることない、でも無音にもならない、絶妙な音量。


照明スタッフさんは毎回お客さんの隙間から真剣に舞台を注視してくれて、細かくタイミングを合わせようとがんばってくれてるのが、踊ってる最中にビシバシ伝わってきた。

照明卓を触りつつ、伸び上がって舞台を見てくれていたそうです。(りき談)

Disco Starの登場シーン、時間の関係でリハーサルすらできなかったのに、登場したタイミングぴったりに照明がついた。

これって、私の出る瞬間を外すまいと真剣に向き合ってくれたからできたことだと思うんですよね。


途中のレクタイムでポスター争奪じゃんけん大会をやった時は、スタッフ全員腕まくりしてじゃんけんに参加。

そして本気で敗退していく(笑)


 

ちひ
「写真ほしいです!私たち自分じゃ撮れないので」

店長
「そうか、そうだよね。じゃあ全員分まとめて送りますね」


その後、りきのスマホに届いた写真は約70枚。

BlogPaint

FUNKY04

FUNKY02


MC中の写真も。

dd0b0ce7bd7c4b5c53bb22b4a14e433a9e258e4

BlogPaint




スピンオフ的なことはまた書くとは思うんですが、本編はひとまずここで筆を置きます。




今回、AAAの活動休止を決めるまでに、たくさんたくさん悩みました。

悩んで決めた結論でしたが、これで終わり…ではないんだと思ってます。


これからどんなことが待っているか、それは誰にも分からない。

でも今この時を、ひとつひとつ笑顔で大切に過ごしていけば、それが道になって次へ繋がっていくはず。


AAAを通して得たものは、全部ぜんぶ私の宝物です。

たくさんの愛を、やさしさを、ありがとう。



そして、これからもよろしく。




心からの愛をこめて。